三浦春馬は歌がうまくてモノマネも得意?【VS嵐】

人気俳優の三浦春馬さんが、9月26日(木)放送予定の「VS嵐」に出演されます!

そんな三浦春馬さん、歌がうまいというのは有名な話しですが、モノマネも得意だという噂もあり気になって調べてみました!

イケメンのうえ、多彩な才能の持ち主である三浦さんのモノマネが気になる方はぜひ読んでみてください!

三浦春馬さんのプロフィールをネット情報をもとに分析してみました

生年月日:1990年4月5日

年齢:29歳

出身地:茨城県土浦市

血液型:AB型

身長:178㎝

所属事務所:アミューズ

4歳の頃から子役としてデビューし、芸歴は今年で25年の大ベテランです!

子役出身で現在も活躍されているというところから、ただイケメンというだけではなく役者として相当高い実力とプロ意識をお持ちなのがわかります。

また、バラエティー番組にも積極的に出演されていて、拝見する限りすごく爽やかで真面目そうな印象を受けますが共演された芸能人や友人のコメントを見ると、実際の性格もイメージ通りみたいです。

その反面、撮影現場などでは積極的に意見をするらしく時にはスタッフを困らせたり我儘にうつることもあるそうで、ただそれは仕事に対しての情熱やより良い作品を作りたいというプロ意識からくるものなんでしょうね。

三浦春馬さんがどれくらい歌がうまいのかを検証してみました

三浦春馬さんの歌のうまさが世間で広く知られるようになったのは、ご自身主演のドラマ「WOT WEEKS」の主題歌を歌番組で披露したのがきっかけみたいです。

高音まで綺麗にカバーする声域に十分な声量で、その歌唱力はミュージシャンとしても十分通用するのではないかと思えるほどのものでした。

このドラマ「WOT WEEKS」の主題歌「Fight for your heart」で歌手デビューという事ですが、今後も俳優だけではなく歌手・ミュージシャンとしても活躍の場を広げていきそうな気がしますね。

歌手としてのデビューは上述の通りですが、実はその前から舞台で歌ったりミュージカルにも出演されていて、ここらへんが抜群の歌唱力のバックボーンとなっているのでしょう。

もちろん、生まれついての才能というものもあるとは思いますが、今まで努力して培われてきたものがあってこその歌唱力だったわけです。

三浦春馬さんのモノマネレパートリーとその完成度は!?

意外にもモノマネ好きらしく、撮影現場などでは仲の良い共演者とよくふざけてやっているらしいです。

ドラマ「オトナ高校」では共演の城田優さんと「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけの物真似でどちらが上手いか対決をしていたとか。

では、どういうレパートリーがあってどれくらいの完成度なのでしょうか?

  • 野原しんのすけ
  • プーさん
  • 武田鉄矢

この中で実際に映像や音声で確認ができたのはプーさんと武田鉄矢さんでしたが、正直、かなりレベルが高かったです。

本職のモノマネ芸人の方と比べたらどうかは分かりませんが、少なくとも宴会芸とかのレベルではないのは確かです。

もしかしたらまだまだレパートリーがあるかも知れませんので、確認でき次第随時更新していきたいと思います。

三浦春馬さんが「VS嵐」に出演

キャイーンの天野さん、麒麟の川島さん、アンタッチャブルのザキヤマさん、人気急上昇中のりんごちゃん、人気声優の神谷浩史さんなどの「チームいい声」に対する嵐チームのプラスワンゲストとして三浦春馬さんが登場する予定です。

〈ピンボールランナー〉では嵐チームから三浦春馬さんがランナーに挑戦し、〈キッキングスナイパー〉の合間には「チームいい声」、嵐、三浦春馬さんによる即興も入るという噂です。

※詳細は番組放送後に、更新予定となっています。

(更新)

ピンボールランナーで麒麟の川島さん曰く「死のマイク」を渡された時の神対応はさすがの一言でしたね!

ワンフレーズでしたが武田鉄矢さんのモノマネも披露していました。

即興の小芝居も、ザキヤマさんの声に合わせたリアクションは絶妙でした!

今後はもしかしたらバラエティでも活躍していくかも知れません(笑)

結論:三浦春馬さんはモノマネが得意というのは○○だった

三浦春馬さんがモノマネが得意というのは、私が確認した限り本当でした!

イケメンで一流の演技力に抜群の歌唱力、そのうえモノマネまで得意なんて天は二物も三物も与えるものなんですね(笑)

【追記】

2020年7月18日、三浦春馬さんが港区の自宅から病院に搬送され亡くなられたことが分かりました。

享年30歳。突然の訃報に自殺との報道もあり更に衝撃が走りましたが、いまだ信じられない思いです。

周りからは順風満帆に見えていても、人知れず深い悩みを抱えていたという事でしょうか。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする