ハマる人が続出!「BiSH」って何者?メンバーやライブ情報を紹介!【アメトーク!】

10月10日(木)放送予定の【アメトーーク!】は「BiSHドハマリ芸人」!!

これまでにアーティスト単体で取り上げられたのは、長渕剛、Perfume、B’z、Mr.Childrenの4組のみで、なんと!5組目がBiSHです!

もう一度言います、番組史上5組目はAKBや乃木坂ではなくBiSHです!!

今回はBiSHを知らない人のためにどういうグループなのか紹介していきます。

読むとあなたもBiSHにドハマリしてしまうかも知れないので注意してくださいね(笑)

BiSHとは?

BiSHとは、BiSを手掛けたことでも知られる音楽プロデューサー、通称「ジュンジュン」こと渡辺淳之介さんが「BiSをもう一度始める」とBiSHの始動を宣言したことにより結成された女性アイドルグループです。

BiSHは「Brand-new idol SHiT」の略であり、日本語にすると「新生クソアイドル」という意味で、ファンのことを「清掃員」と呼んでいます。

なんだかBiS時代を彷彿させる過激なプロモーションですよね。

その後、avexからのメジャーデビューに伴い、『avexに失礼』という理由から「新生クソアイドル」という肩書を外し新たに「楽器を持たないパンクバンド」という肩書きで活動中です。

当初は5人体制でスタートしましたが、2度の脱退と2度の加入を経て2016年8月より現在の6人体制になっています。

〈メンバー〉

アイナ・ジ・エンド

誕生日:12月27日

出身地:大阪府

担当:おくりびと

セントチヒロ・チッチ

誕生日:5月8日

出身地:東京都

担当:見た目は真面目、中身は悪女これでも彼氏は2人まで

アユニ・D

誕生日:10月12日

出身地:北海道

担当:僕の妹がこんなに可愛いわけがない

モモコグミカンパニー

誕生日:9月4日

出身地:東京都

担当:あまのじゃく

ハシヤスメ・アツコ

誕生日:9月27日

出身地:福岡県

担当:メガネ

リンリン

誕生日:3月9日

出身地:静岡県

担当:無口

BiSHの楽曲

「楽器を持たないパンクバンド」の肩書通りパンクロック系の楽曲がメインですが、ロックバラードから過激なサウンドまで幅広い音楽性が特徴です。

BiSHを知らなかったとしても、人気アニメ「ブラッククローバー」のオープニングテーマ「PAiNT it BLACK」は聞いた事がある人もいるんではないでしょうか。

まだBiSHを聴いたいことが無いという人は、【最凶最悪最高最幸、これがBiSHの全て】とまで言い切るメジャー3rdアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」をぜひ聴いてみてください!

また、メジャー6枚目のシングル「KiND PEOPLE / リズム」は11月6日にavex traxから発売予定です。

個人的にはアイナさんのハスキーボイスが最高です!

ライブ情報

先日、9月23日の大阪城ワンマンライブ「And yet BiSH moves.」ではチケット完売、12,000人の「清掃員」を動員したBiSH。


気になる今後のライブ情報です。

  • 2019.10.19YJ創刊40周年記念「ヤンジャン文化祭」
  • 2019.10.19「SET YOU FREE SUMMER FESTA 2019」出演決定‼︎
  • 2019.10.26ボロフェスタ2019出演決定‼︎
  • 2019.11.10サンボマスターツアーに出演決定‼︎

アメトーーク!にBiSHが登場!!

当日出演する「BiSHドハマリ芸人」

  • ノブ(千鳥)
  • 稲田直樹(アインシュタイン)
  • 奥田修二(学天即)
  • 徳井健太(平成ノブシコブシ)
  • 関太(タイムマシーン3号)
  • 酒井健太(アルコ&ピース)
  • 宮下兼史鷹(宮下草薙)

ゲスト

  • 土田晃之
  • 大悟(千鳥)
  • 吉岡里帆
  • 草薙航基(宮下草薙)
  • 高岸宏行(ティモンディ)

「BiSHドハマリ芸人」がゲストにBiSHの魅力を熱く語ります。

番組後半にはBiSHも登場するので今から本当に楽しみです!

まとめ

それでは最後に今回紹介したBiSHについて振り返っていきます!

  1. BiSの後継として結成された女性6人組の「楽器を持たないパンクバンド」
  2. ロックバラードから過激なサウンドまで幅広い音楽性が特徴
  3. 大阪城ワンマンライブを12,000人の「清掃員」を動員し成功させた
  4. 10月10日(木)放送予定の【アメトーーク!】に登場

次回の【アメトーーク!】放送後はあなたも「清掃員」になっているかも♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする